さとやn Blog

試合はRuby,勝負はC#!

砂漠

またまた伊坂さん。


大学生時代の青春小説って感じでしょうか。
ふつーの男、遊び人、へんちくりんな男、美人だけどそのへんちくりんを好きになる女、ふつーな一途な女。
あ、ふつーな女の人はなんか超能力が使えます。普通じゃないか。。
おもしろいですね。この人の作品は。。。最初はあまり好きじゃないなぁ、と思っていたんですが。。。。

タイトル砂漠(Jノベル・コレクション) (Jノベル・コレクション)
著者/監督/Artist伊坂 幸太郎
価格, 出版¥ 980 実業之日本社
評価★★★★

2009-01-08

【「BOOK」データベースより】
入学、一人暮らし、新しい友人、麻雀、合コン…。学生生活を楽しむ五人の大学生が、社会という“砂漠”に囲まれた“オアシス”で超能力に遭遇し、不穏な犯罪者に翻弄され、まばたきする間に過ぎゆく日々を送っていく―。


Mac

昨年の6月頃に私もついにWindows(DOS時代も含めて)からMac(MacBook)に乗り換えました。
一番の理由は、やはりVistaの大失敗でしょう。

確か2004年頃だったと思いますが、WindowsアプリのデザインがHTMLのように宣言型で構築できる(WPF、当時はAvalonとか呼ばれていた)ことや、APIがすべて.NetFrameworkベースになるという話を聞き、期待や不安が入り交じった、とにかくいろんな意味で非常に楽しみにしていたのを記憶しています。

ところがふたを開けてみると、まずかなり高速なビデオカードでないとサクサク動かない、描画以外の処理もなんだか遅い、そしてなんといっても開発ツールが出てこない!
これではVistaに乗り換えられません。。。。 開発ツールに至っては、いつ正式サポートされたのかも忘れてしまいました。とにかくそれくらいなかなか出てこなかった(のでもういいや!てな気持ちになっていた)。

そんなときに、仕事でRubyOnRailsを試してみようと思い立ち、Webでいろいろ調べてみると、どうも皆さん開発はMacで行っているよう。。Android携帯の開発関連のビデオなんかも、MacでEclipse使ってやってるのが多かったりと、どうもWindowsアプリ以外の開発はMacでやる方が主流なのか? と思えてきました。 別にMac上で動くソフトの開発でもないわけだからMacである必要はないにもかかわらず。

書き込み途中。。。。




subversion

本日、開発用にVMWareで仮想サーバー立ち上げました。
とりあえずSubverionのリポジトリを移行して、正常にチェックアウト・コミットできたところで、今日はやめよう、と思ったいたら、チェックアウトはできるけど、チェックインができない!

svn: Commit failed (details follow):
svn: /リポジトリへのパス/conf/passwd:9: Option expected


認証用アカウントが記述してあるファイルの9行目がおかしいようなのだが、中身を見ても何がおかしいのかわからない。

### This file is an example password file for svnserve.
### Its format is similar to that of svnserve.conf. As shown in the
### example below it contains one section labelled [users].
### The name and password for each user follow, one account per line.

[users]
# harry = harryssecret
# sally = sallyssecret
私のユーザー = パスワード


別におかしくないような気がするんだけど。。。。。
と思っていたら、あれ? もしかして、先頭に空白、つまりインデントされているからかな? とおもい、
自分が追加しアカウントの行を左詰にして、再度チェックインを行ったところ、無事!コミットされました。

何だかなぁ。。。。
自宅だから svn+ssh でやることもないし。。。。
まあ、何はともあれ、無事に移行完了。
明日は、Apace,Ruby等の環境を構築して、RSpecのテスト手法をマスターしなければ。。。。

Windows7Beta

Windwos7のBetaがダウンロード可能になったとのことなので、早速試してみました。
メモリ4GB を積んだMacBookのVMWareにインストール。メモリは1GBを割り当て。
インストールに30分くらいかかる、と聞いていたのですが、20分くらいで終わってしまいました。
まだ描画のあたりに問題があるような気がするけど(単に仮想環境だからか?)、おおむねよくできていると思います。
メモリ1GBの仮想環境にもかかわらずXPと同等の軽さ(!?)でストレスもなく動いています。
.NET Framework2.0で作成した自作ソフトも問題なく動作しています。新しいタスクバーも確かに使いやすくなっており、これはやっぱり、Vistaを飛ばしてWindows7にする、というのはかなり正解だと思われます。
年末か年初になるようなのでちょっと期待です。

Mac内の仮想環境にもかかわらずストレスなく動くのにはちょっと関心。。ていうかVistaひどすぎ。。。。





ブルーバレンタイン

タイトルからして、ホワイトサイドの新堂さんかな?と思ったけど、また例によって例による殺し屋さんの物語でした。
家族全員を殺された少女がアサシンとして育てられ、やがて家族を殺した殺し屋を抹殺する任務を受けて、はてさてどうなるか・・・・、といった感じです。
なんか、ふつーって、感じでした。すぐ読み終わるし。。
なんか、もっと、新堂さんらしい、がつーんとくるのを期待しています。

全く関係ないけど、今日、柏駅周辺で、変なおっさんに絡まれてしまった。。。。。

タイトルブルーバレンタイン (カドカワ・エンタテインメント)
著者/監督/Artist新堂 冬樹
価格, 出版¥ 860 角川グループパブリッシング
評価★★★

2009-01-09

【「BOOK」データベースより】
幼い頃、青いペンダントをつけた男に両親らを惨殺されたアリサ。彼女はセンターという組織が運営する養成機関に入所し暗殺者として訓練を受け、機械のような非情さからバレンタインというコードネームで怖れられていた。ある日、アリサに門馬という裏社会を牛耳る男の抹殺指令が下る。しかも、門馬は彼女の両親を殺したキーパーソンだという。アリサは若き天才暗殺者・ヘリオスと共に門馬暗殺に向かうが、あまりにも過酷な戦いの中で、ヘリオスの底知れぬ強さとやさしさに惹かれてゆき―。衝撃のラストに向かって疾走するノンストップ・アクション。


魔王

自分が思ったことを他人にしゃべらせることができる能力を持つ男が、ヒトラー並みに大衆を魅了する若い総理大臣に挑む、というお話。
別著「モダンタイムズ」と設定がつながっています。こちらが先ですが。

タイトル魔王 (講談社文庫)
著者/監督/Artist伊坂 幸太郎
価格, 出版¥ 650 講談社
評価★★★★
2009-01-08

【「BOOK」データベースより】
会社員の安藤は弟の潤也と二人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいていった。五年後の潤也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる、何気ない日常生活に流されることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。


アヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)

一人暮らしを始めたばかりに大学生が、隣人に誘われて本屋を襲撃する、という出だし。
後半ではそんなどんでん返しがあったとは。。。。
結構この人の本はおもしろいと最近感じます。
「これは悪魔の言葉に違いない」の部分で久しぶりに本で笑ってしまいました。

タイトルアヒルと鴨のコインロッカー (創元推理文庫)
著者/監督/Artist伊坂 幸太郎
価格, 出版¥ 680 東京創元社
評価★★★★
2009-01-08

【「BOOK」データベースより】
引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的は―たった一冊の広辞苑!?そんなおかしな話に乗る気などなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口に立ってしまったのだ!注目の気鋭が放つ清冽な傑作。第25回吉川英治文学新人賞受賞作。


携帯からgmailにログインできない

私の携帯(ソフトバンクSH913)から携帯GMailにアクセスしようとすると、何故か延々ログイン画面が表示されてしまう。
ググったところ、https通信に問題があるようで、PCからGMailにログインして、設定のページから「場合によってはhttpsを使用しない」設定にしたら、普通に携帯からも見れました。
どっちが悪いのかは知りませんが、まあ、とりあえずよかったです。


モダンタイムス

検索社会の恐怖を描く作品?
私はプログラマーですが、物語中に出てくるSE魂というのは、ちょっと、というかかなり違うので違和感を感じました。
まあ、これは仕方ないですが、本自体をそれなりに面白かったです。














タイトル
モダンタイムス (Morning NOVELS)
著者/監督/Artist
伊坂 幸太郎
価格, 出版
¥ 1,785 講談社
評価
★★★★

2009-01-08

【「BOOK」データベースより】
漫画週刊誌「モーニング」で連載された伊坂作品最長1200枚。


ブルータワー (徳間文庫 い 43-4)

タイトルブルータワー (徳間文庫 い 43-4)
著者/監督/Artist石田 衣良
価格, 出版¥ 800 徳間書店
評価★★★★
2008-05-05

【出版社 / 著者からの内容紹介】
悪性の脳腫瘍で、死を宣告された男が200年後の世界に意識だけスリップした。地表は殺人ウイルスが蔓延し、人々は高さ2キロメートルの塔に閉じこめられ、完璧な階層社会を形成している未来へ。「…この物語は平凡な一人の男が、天を衝く塔を崩壊から救う。『ブルータワー』へようこそ! 夢みる力が決して失われる事のない世界へ」(著者の言葉)


プロフィール

さとやn

C#が好きだけど仕事はRubyばかりな開発者。
最近はDockerとか関数型言語とかAngularJSにハマっている。
武蔵小杉とか田町とか柏とかに出没。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ