さとやn Blog

試合はRuby,勝負はC#!

2008年12月

オリンピックの身代金


タイトルオリンピックの身代金
著者/監督/Artist奥田 英朗
価格, 出版¥ 1,890 角川グループパブリッシング
評価★★★★

2008-12-11

【「BOOK」データベースより】
昭和39年夏。10月に開催されるオリンピックに向け、世界に冠たる大都市に変貌を遂げつつある首都・東京。この戦後最大のイベントの成功を望まない国民は誰一人としていない。そんな気運が高まるなか、警察を狙った爆破事件が発生。同時に「東京オリンピックを妨害する」という脅迫状が当局に届けられた!しかし、この事件は国民に知らされることがなかった。警視庁の刑事たちが極秘裏に事件を追うと、一人の東大生の存在が捜査線上に浮かぶ…。「昭和」が最も熱を帯びていた時代を、圧倒的スケールと緻密な描写で描ききる、エンタテインメント巨編。


角田光代 「八日目の蝉」

タイトル八日目の蝉
著者/監督/Artist角田 光代
価格, 出版¥ 1,680 中央公論新社
評価★★★★

2008-11-26

【「BOOK」データベースより】
逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるのだろうか。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。角田光代が全力で挑む長篇サスペンス。


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ