さとやn Blog

試合はRuby,勝負はC#!

2011年11月

新世界より(上・中・下) 貴志祐介

職場の本好きの人から名前を聞いて、そういや「硝子のハンマー」以外読んでないなーと思い本屋に行ったところ、これしかおいてなかったので上・中・下まとめて購入。一気に読破。面白かったです。
SFは結構好き。

タイトル新世界より(上) (講談社文庫)
著者/監督/Artist貴志 祐介
価格, 出版¥ 760 講談社
評価★★★★
2011-11-29

【内容説明】

第29回日本SF大賞受賞作品      変わり果てた未来社会。「呪力」こと、念動力を獲得した子供たちは、野心と希望に燃えていた。それは自らが背負う闇に、全く無知であるが故の自由であった。

【内容(「BOOK」データベースより)】

1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力」を得るに至った人類が手にした平和。念動力の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた…隠された先史文明の一端を知るまでは。


タイトル新世界より(中) (講談社文庫)
著者/監督/Artist貴志 祐介
価格, 出版¥ 710 講談社
評価★★★★
2011-11-29

【内容説明】

プラチナ本 OF THE YEAR 08子供たちの潜在意識に刷りこまれた「悪鬼」と「業魔」の伝説。悪夢の正体、その恐ろしい真実が明るみに出たとき、見せ掛けの平和は崩れ、社会を災厄が襲う。

【内容(「BOOK」データベースより)】

町の外に出てはならない―禁を犯した子どもたちに倫理委員会の手が伸びる。記憶を操り、危険な兆候を見せた子どもを排除することで実現した見せかけの安定。外界で繁栄するグロテスクな生物の正体と、空恐ろしい伝説の真意が明らかにされるとき、「神の力」が孕む底なしの暗黒が暴れ狂いだそうとしていた。


タイトル新世界より(下) (講談社文庫)
著者/監督/Artist貴志 祐介
価格, 出版¥ 830 講談社
評価★★★★
2011-11-29

【内容説明】

ベストSF2008(国内篇)      呪力を手にしてからの人類は、それまで以上に血みどろの歴史を刻んでいた。本当の敵は誰なのか。人類は舵を切り直せるのか。心揺さぶられる力強い生命賛歌!

【内容(「BOOK」データベースより)】

夏祭りの夜に起きた大殺戮。悲鳴と鳴咽に包まれた町を後にして、選ばれし者は目的の地へと急ぐ。それが何よりも残酷であろうとも、真実に近付くために。流血で塗り固められた大地の上でもなお、人類は生き抜かなければならない。構想30年、想像力の限りを尽くして描かれた五感と魂を揺さぶる記念碑的傑作。


殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)

読んだら後悔、読まないともっと後悔、というフレーズに簡単にのせられて買ってしまった。
作者の名前は読み終わった後に初めて見たのですが、真梨幸子って、「孤虫症」の人だった。

タイトル殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)
著者/監督/Artist真梨幸子
価格, 出版¥ 680 徳間書店
評価★★★
2011-11-25

【内容紹介】

一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして、新たな人生を歩み始めた十歳の少女。だが、彼女の人生は、いつしか狂い始めた。人生は、薔薇色のお菓子のよう…。またひとり、彼女は人を殺す。何が少女を伝説の殺人鬼・フジコにしてしまったのか?あとがきに至るまで、精緻に組み立てられた謎のタペストリ。最後の一行を、読んだとき、あなたは著者が仕掛けたたくらみに、戦慄する!

【内容(「BOOK」データベースより)】

一家惨殺事件のただひとりの生き残りとして新たな人生を歩み始めた十一歳の少女。だが彼女の人生はいつしか狂い始めた。「人生は、薔薇色のお菓子のよう」。呟きながら、またひとり彼女は殺す。何がいたいけな少女を伝説の殺人鬼にしてしまったのか?精緻に織り上げられた謎のタペストリ。最後の一行を読んだ時、あなたは著者が仕掛けたたくらみに戦慄し、その哀しみに慟哭する…。


マーラー第9 カラヤン/ベルリン・フィル

学生時代から数え切れないくらい聴いた演奏。1年ぶりくらいで改めて聴いてみました。
やっぱり人間業とは思えない演奏です。 
ライブ録音、とはいってもリハの演奏とかも混ぜてはいるのでしょうが、にしてもここまでやるかなー?的な演奏です。
この曲のために学生時代にローンで26万円のオーディオ装置を購入したものです。
16ビット録音ですが、下手な演奏の20ビット24ビット録音なんかよりはるかに 聴く価値アリです。
よくカラヤンの演奏は冷たいとか人間らしくないみたいなことが言われますが、私的にはそれは、音そのものに語らせているだけ、というのが昔から感じていることです。人が演奏している以上人間味がないなんてことはないわけでして、、、。

フルトヴェングラーの例の第9なんて、単に音が悪いから迫力あるように思えるだけ、としか思えないんだよなー。めちゃくちゃじゃん、、、。ちゃんとした録音で聴いてみたかったなー。

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ