さとやn Blog

試合はRuby,勝負はC#!

2012年01月

ジェノサイド

久しぶりの高野和明作品でしたが、ここ1,2年で一番面白かったかもしれない。
ちょっと現実離れしてるなーと思う箇所はありましたが、まあ、そんな事言ってたら小説は読めませんので。
いやー、でも本当に面白かった。

タイトルジェノサイド
著者/監督/Artist高野 和明
価格, 出版¥ 1,890 角川書店(角川グループパブリッシング)
評価★★★★★
2012-01-13

【内容紹介】

創薬化学を専攻する大学院生・研人のもとに死んだ父からのメールが届く。傭兵・イエーガーは不治の病を患う息子のために、コンゴ潜入の任務を引き受ける。二人の人生が交錯するとき、驚愕の真実が明らかになる――。

【内容(「BOOK」データベースより)】

急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。


妖鳥(ハルピュイア) (幻冬舎ノベルス―幻冬舎推理叢書)

年末から読み始めた本。う〜ん、、やっぱりこの人のはSFの方がいいような気がする。

タイトル
著者/監督/Artist山田 正紀
価格, 出版¥ 980 幻冬舎
評価★★★★
2012-01-02

【内容(「BOOK」データベースより)】

わたしは混濁する意識の中で覚醒した。ここはどこ?暗闇を凝視して記憶を辿るが、どうしても思い出せない。ここはどこかの部屋。もしかしたら、金庫?なぜこんなところに?昨夜は何を?わからない。頭が痛む。意識は朦朧。息苦しい。頭をよぎる見覚えのない男たち。わたしは誰?再び闇。誰か助けて…。鬼才が全知全能を駆使し、満を持して放つ本格推理の大傑作!異様な殺人、愛憎と狂気、驚天動地の密室大トリック。

【内容(「MARC」データベースより)】

手術台の上で、「シンデレラの罠」と「虚無への供物」が衝撃的に出会う。異様な殺人、愛憎と狂気、驚天動地の密室大トリック。〈ソフトカバー〉


livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ