Rails開発時はいつもSqliteを使ってやっているのですが、とあるサイトを見て、データ操作はORマッパー(RailsだとActiveRecord)は極力使用せず、基本的にすべてストアドプロシージャに任せた方が最終的に保守も容易で、かつパフォーマンスも出せる、という意見にある程度共感してしまったので、開発環境でもMySqlを使ってやってみることにしました。
というわけで、iMacにMysqlをインストール。
MySqlのサイトを見たらインストールパッケージが用意されているのですね。
てっきりソースコンパイル、もしくはMacPortあたりで入れるしかないのかな、と思っていたのですが、これは便利、ということでダウンロードしてインストールしました。

45)
 
で、OSX起動時に自動的にMySqlサーバーも起動したい場合は、付属のMyQLStartupitem.pkg なるものをインストールすると、スタートアップに登録されるようです。
55)
 
 で、起動の方法ですが、Readmeを読むと、

If you have installed the Startup Item, use this command:

     shell> sudo /Library/StartupItems/MySQLCOM/MySQLCOM start
     (ENTER YOUR PASSWORD, IF NECESSARY)
     (PRESS CONTROL-D OR ENTER "EXIT" TO EXIT THE SHELL)

If you don't use the Startup Item, enter the following command sequence:

     shell> cd /usr/local/mysql
     shell> sudo ./bin/mysqld_safe
     (ENTER YOUR PASSWORD, IF NECESSARY)
     (PRESS CONTROL-Z)
     shell> bg
     (PRESS CONTROL-D OR ENTER "EXIT" TO EXIT THE SHELL) 

 とのことなので、スタートアップに登録しない私は
sudo /usr/local/mysql/bin/mysqld_safe
で、Ctrl + z して、bg エンターで起動。

mysql コマンドを実行すると、無事ローカルのMysqlサーバーに接続できました。
 
でも、早速Rspecを走らせたところ、Sqliteの方が10倍くらい早く終る。。。う〜ん、、、どうしよう。