世界速弾き選手権のようなもののようです。
あれ?こんなもん? と思いきや、2回目、3回目とどんどんテンポが速くなっていきます。最後の方はもはや笑うしかありません。
曲はリムスキーコルサコフの何とかという曲のようですが、様々な楽器で演奏技術を測るために用いられる曲のようです。
感動はしませんが、驚きを通り越して呆れてしまうでしょう。