今日は早く帰れたのでちょっとtutorialをやってみました。
で、ちょっと意外だったのが、メソッドや変数の命名規約がMSのそれと似ていること。いえ、規約といったのは間違いで、コンパイラがそれを解釈するようです。
外部に見せる物は 大文字で始まる。
外部に見せない物は小文字で始まる。
というルールです。
.NET Frameworkでばりばり開発している人にはごく普通のことですが、おそらく多くの非MS系で開発している人にとってはちょっと意外な気がしないでもないです。
大文字小文字に意味を持たせるのはRubyぽくもあります。

Because File starts with a capital letter, the type is available outside the package, that is, by users of the package. In Go the rule about visibility of information is simple: if a name (of a top-level type, function, method, constant or variable, or of a structure field or method) is capitalized, users of the package may see it. Otherwise, the name and hence the thing being named is visible only inside the package in which it is declared. This is more than a convention; the rule is enforced by the compiler. In Go, the term for publicly visible names is ''exported''.