Rspecで期待される例外がちゃんとスローされるかどうかを確認する場合は、ラムダ式を使って書くようです。

lambda{@hoge.error_method()}.should raise_error(StandardError)

みたいに、 raise_errorの引数に期待される例外クラスを指定すればOKです。