刑事役の役者はいい感じでしたが、内容が無いよう。
衝撃のラスト、なんて言ってるから期待したのに、そんなことかー!
黙示録=Revelationは確かに「暴く」って意味もありますが、暴くってそういうことなの?
そっちの方が衝撃でした。
おすすめしません。

タイトルホースメン [DVD]
著者/監督/Artistジョナス・アカーランド
価格, 出版¥ 3,990 アミューズソフトエンタテインメント
評価★★
 2010-03-20

【内容紹介】

いまだかつて体験したことのない、サディスティック・サスペンス・スリラーの誕生!屍体が“吊られる”たびに深まる闇連続殺人事件の先に待つ、衝撃のラスト!!【ストーリー】妻の死後、二人の息子たちとさらに距離ができてしまった刑事のブレズリン。彼が担当したひとつの事件は、聖書の予言にある黙示録の四騎士をなぞったと思われる連続殺人に発展する・・・。捜査を進めるにつれ、それぞれの事件にはメッセージが秘められていることを突き止める。“四騎士”“無関係な4人の被害者”“それぞれの事件に隠れていた苦痛な秘密”そして現場に残された“Come and See”の文字。そして、犠牲者が増すたびに、事件はある共通点を浮かび上がらせるのだった…。【特典映像】●削除シーン●劇場予告(米、日本バージョン)監督:ジョナス・アカーランド製作:マイケル・ベイ

【内容(「キネマ旬報社」データベースより)】

チャン・ツィイーが猟奇殺人犯を演じたサスペンススリラー。「COME AND SEE(来たれ)」というメッセージが残された連続殺人事件が発生。刑事のブレスリンは事件がヨハネの黙示録になぞらえた犯罪だと見抜くのだが…。