ラジオで城南予備校の古文の講師の方が言っていたのですが、
おむすび: まるい
おにぎり: さんかく

先生曰く、もともと「むすぶ」という言葉は、水などを手で「掬う(すくう)」という意味だったらしいです。その時の形は丸くなるので、まるいものが「おむすび」。
三角にするには、両手でちゃんと握らないといけませんので「おにぎり」だそうです。

現代ではそのうような区別はないようですが、元々はそのような由来、だそうです。

朝から、何聞いてんだ、、、。