http://twitter.com/#search?q=%23librahack

当の三菱なんとかのこれの担当者は、今どんな気持ちなんでしょう?
心中お察しします、て言っても自業自得ではありますが、、、。

なんか話題は、「警察がもっとITに詳しくなるべきだ」、っていうのと、「そもそも警察はそんなの専門外なんだから、 三菱何とか(技術者全般)がしっかりすべき」、みたいのに分かれているようです。

私は、警視庁のサイバー何とか班、て言うのがあるのかどうかは知りませんが、そういう部門だったら、今回のようなのは、「ああ、これ別に攻撃じゃないでしょ。IP遮断するとか、警告してみて。」って判断はできるでしょうけど、すべての警察署レベルでそんな判断ができるとは思いませんし、できなくても全然不思議じゃないと思います。

最初は、なんで逮捕する前に警告しなかったのかなぁ、とか思ったのですが、よくよく考えたらそんなのわからないんでしょうね。
我々開発者だったら1リクエスト/1sec は攻撃にしたら変だな、とは思うし、図書館っていう性格を考えれば、「あ、なんかクロールして自分で何か作ろうとしてんのかな」と考えることが出来ますが、そうでない一般のIT素人であれば、1リクエスト/1secは尋常じゃない、と判断してもおかしくないと思われます。
 
で、相変わらず、岡崎図書館のシステムに変更はないようです。
なんかトップページが変わったような気がするのは気のせいでしょうか? 
http://www.library.okazaki.aichi.jp/tosho/index.asp

もし、三菱何とかが被害届を出したのは、自分のところのシステムのボロを認めたら、後々色々と厄介だから、という理由だったとすれば、逆に随分と高くついてしまったのではないでしょうか。
逆に、本当にこれを攻撃だと判断したのであれば、それはそれで、哀れ過ぎます。
ま、このシステムの売りはICタグ云々の方なんでしょうけど、あまりにも基本的に部分がなってないと思われます。
最初から表にWeb検索なんて出さなきゃよかったのに、、、。

ちなみにその三菱何とか製の岡崎図書館のWeb検索システムでは、
1q84 で検索 → 該当書物なし
1Q84 → 例のベストセラー をちゃんと見つけてくれる。
上春 → 該当書物なし
%上春% → 思考停止

検索そのものが、しょぼすぎる、、、、。

参考までに、松戸図書館(しすてむは三菱何とかではない)では、
いずれもOKでした。
※別に松戸の図書館がえらい、と言ってるわけではありません。

でも拡張子が .asp って、、、いつ作られたものなんだ、、、。