何がそんなに気にくわないのか、馬鹿すぎて悲しくなるようなレビューがAmazonで量産されている模様。もう、ここぞとばかりに貶して、ひがみ根性丸出しと言われても仕方ない。

水嶋ヒロの「KAGEROU」、早速読んでみましたが、たしかにすごく面白かった、というわけではないけど、まあ、普通に読める内容です。

あれを面白かったという人がいても酷評する人がいても全然おかしくないと思う。でも、作品自体の感想・批評ならともかく、著者自身を貶めるような表現は読んでて気分が悪くなってくるというか、本好きな人間からすると、本当に悲しくなる。
ましてやそんなレビューが読めて良かった、感謝する、なんてのはアホ過ぎて可哀想になってくる。星5つで皮肉のつもりなのかなんなのか知らないけど、皮肉を書くならもう少し気の利いたものにしてほしい。まあ、中には本当に皮肉がきいてて、上手いと思わせるものはあったけど、、、。
そもそも、Kagerouを今まで読んだ中で一番ひどい作品とか言っている人って、十中八九普段本読まない人なんだろうなぁ。本好きなら、これよりはるかにひどい本を読んだことが1度や2度じゃないでしょう(別にKagerouは酷くはないです。もちろん個人差はありますが)。
別にKagerouを絶賛する気はないし、人に勧められるか?と言われれば、う〜ん、まあ、読みたければ、って感じです。

あれが大賞なんておかしい、とかいいますが、直木賞とかだって「えっ?これが?」ってのがあるでしょう。別に不思議でもなんでもない。

念のため断っておくけど、別に水嶋ヒロのファンでもなんでもないです。ていうかドラマも映画も一度も見たことないし、、、、。例の婚約会見でちゃんと知った程度です。 


追記:今度は逆にすごい勢いでAmazonのレビューが消されているようです。
200以上消されてるんじゃないだろうか、、、。