立て続けに貴志祐介ですが、これも面白かったです。
もっと他のも読んでみたい。最初に読んだのが「硝子のハンマー」だったのが失敗だったのかな、、、。

タイトルクリムゾンの迷宮 (角川ホラー文庫)
著者/監督/Artist貴志 祐介
価格, 出版¥ 700 角川書店
評価★★★★★
2011-12-09

【出版社/著者からの内容紹介】

戦慄の新感覚ゲームノベルが、新装丁・コレクターズアイテム版で再登場!! 藤木はこの世のものとは思えない異様な光景のなかで目覚めた。視界一面を覆う、深紅色の奇岩の連なり。ここはどこだ?傍ら携帯用ゲーム機が、メッセージを映し出す。「火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された」
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。
【内容(「MARC」データベースより)】

火星の迷宮へようこそ。ゲームは開始された…。死を賭した戦慄のゼロサムゲーム。生き抜くためにどのアイテムを選ぶのか。自らの選択が明日の運命を決める…。99年刊のコレクターズ・アイテム版。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。