vimやemacsに冗談のようなドメイン名を取られてしまうほど、出る出る詐欺と揶揄されていたMacのテキストエディタTextMate2がやっと登場しました。
http://blog.macromates.com/2011/textmate-2-0-alpha/

とはいってもまだ正式版ではなくAlpha版なのですが、早速ダウンロードしてみました。
懸案だった日本語文字の表示については、もう無理やり半角幅に狭めた専用のフォントを使用する必要はなくなりました。
こんな感じで、ちゃんと日本語表示が可能です。
12

ただし、入力については、ほとんど使い物になりません。
IME上でのキー入力を自分のイベントとして捕まえちゃってるみたいで、かな漢字変換ははっきり言って無理です。

あと、cmd + T でのファイル検索が重くて、仕事でのRailsプロジェクトでは使用を諦めてTextMate1の方に戻すことに、、、。

まだまだですね、、、、。

来春には完全版が出ていて欲しい。