以前から読もう読もうと思って読めてなかった。


タイトルUNIXという考え方―その設計思想と哲学
著者/監督/ArtistMike Gancarz
価格, 出版¥ 1,680 オーム社
評価評価なし
2012-07-27

【Amazon.co.jp】

   UNIX系のOSは世界で広く使われている。UNIX、Linux、FreeBSD、Solarisなど、商用、非商用を問わず最も普及したOSのひとつであろう。そしてこのOSは30年にわたって使用され続けているものでもある。なぜこれほど長い間使われてきたのか? その秘密はUNIXに込められた数々の哲学や思想が握っている。    そもそもUNIXはMulticsという巨大なOSの開発から生まれたものだ。あまりに巨大なMulticsはその複雑さゆえに開発は遅々として進まず、その反省からケン・トンプソンが作ったのがUNIXの初めとされる。その後デニス・リッチーら多数の開発者が携わり、UNIXは発展した。本書はこのUNIXに込められた「思想と哲学」を抽出し、数々のエピソードとともにUNIXの特徴を浮き彫りにしていく。    たとえば本書で述べられているUNIXの発想のひとつとして「過度の対話式インタフェースを避ける」というものがある。UNIXのシステムは初心者には「不親切」なつくり、つまり親切な対話式のインタフェースはほとんどなく、ユーザーがコマンドを実行しようとするときはオプションをつける形をとっている。この形式はオプションをいちいち覚えねばならず、初心者に決してやさしくない。しかしこれはプログラムを小さく単純なものにし、他のプログラムとの結合性を高くする。そして結果としてUNIXのスケーラビリティと移植性の高さを支えることになっているのだ。このような形式で本書では9つの定理と10の小定理を掲げ、UNIXが何を重視し、何を犠牲にしてきたのかを明快に解説している。    最終章にはMS-DOSなどほかのOSの思想も紹介されている。UNIXの思想が他のOSとどう違うかをはっきり知ることになるだろう。UNIXの本質を理解するうえで、UNIX信者もUNIX初心者にとっても有用な1冊だ。(斎藤牧人)

【内容説明】

* Deals with powerful concepts in a simple way * Highlights important characteristics of Operating systems and other abstract entities in a new way * Explores the tenets of the UNIX operating system philosophyUnlike so many books that focus on how to use UNIX, The UNIX Philosophy concentrates on answering the questions: `Why use UNIX in the first place?'. Readers will discover the rationale and reasons for such concepts as file system organization, user interface and other system characteristics. In an informative, non-technical fashion, The UNIX Philosophy explores the general principles for applying the UNIX philosophy to software development. This book describes complex software design principles and addresses the importance of small programs, code and data portability, early prototyping, and open user interfaces. The UNIX Philosophy is a book to be read before tackling the highly technical texts on UNIX internals and programming. Written for both the computer layperson and the experienced programmer, this book explores the tenets of the UNIX operating system in detail, dealing with powerful concepts in a comprehensive, straightforward manner.
--このテキストは、






ペーパーバック
版に関連付けられています。