なんかタイトルに惹かれて読んでみました。
近未来を描いたSF小説はあまり古いものだとちょっときつい場合があるのですが、この作品は何万年だか先の話で、地球の主は人間ではなく植物! 
作品の世界観はすごく好きです。

タイトル地球の長い午後 (ハヤカワ文庫 SF 224)
著者/監督/Artistブライアン W.オールディス
価格, 出版¥ 798 早川書房
評価★★★★
2012-10-31