MonogameをOSX&Xamarinで試そうとしたけど中々動かなかったのでメモ。
  • XmarinStudioはこちらからインストール。
  • MonoGameはこちらからOSX用をダウンロード。
  • XamarinStudioのアドインマネージャを開いて、Install from fileを使ってダウンロードしたMonoGameをXamarinStudioにインストール。
この段階で既にプロジェクトテンプレートにMonoGameが表示されて、実際にプロジェクトも作れるのだけれども、ビルドするとアセンブリ参照関係でエラーになる。どうもWindows用にビルドされたmonogame.dllを参照しているらしい。 というわけでMonogameのソースを持ってきてOSX上でビルドする。
  • GithubからMonoGameをクローンするかZIPファイルをダウンロード&解凍。 
  • MonoGame.Framework.MacOS.slnを開いて、Releaseモードでビルド。
MonoGame.Framework/bin/MacOS/Release/ にバイナリができている。MonoGameでプロジェクトを作る場合にこれらのDLLを参照するので、この場所をそのまま使用するか、ファイルを別の場所にコピーするなりする。
  • XamarinStudioでMonoGameの新規プロジェクトを作成。とりあえずMonoGame Mac Applicationで作成。
  • プロジェクトツリーのReferencesにあるMonoGame.Framework.dllは使えないので削除。
  • その代わり先ほど自分でビルドしたDLLをすべて参照に追加。
  • これでRunしてみると、logo asset云々でエラー。サンプルコードで使用するlogo.png画像がAssetとして扱われてないからなので、プロジェクトツリーでContent下にあるlogo.pngを選択して、プロパティウィンドウのBuildActionでBundleResourceを選択。
これで無事に起動! 
28 1

試しに簡単なアイテムが移動するだけのスクリーンセーバー的なものを作ってみたら、ちゃんと動いた。
https://www.youtube.com/watch?v=GDv0ogCUzJs

次はコンテントパイプラインをどうするかを調べてみる。