さとやn Blog

試合はRuby,勝負はC#!

Mac

iPad-mini購入

使用する予定もないマウスコンピュータのクズみたいなマシンがあったので秋葉原に持って行き買い取ってもらったら丁度2万8千円。しかも丁度その日はiPad-miniの発売日。これはもうそういうことだ、と思いブラック16GB Wifiモデルを購入。
これは軽くて小さくてでも画面の情報量はiPad2と同じで大満足。
大きい画面、もしくはRetinaじゃなきゃ嫌だって人以外には絶対こちらの方がお勧めです。まあ、本当は出来ればRetinaのMiniの方がいいんですけど。


02)

地デジ移行2日前に地デジが見れなくなった

金曜日に手元のiMacのOSをLionにアップデートしたら、地デジチューナーM2TVが見れなくなりました。
ドライバが対応してないとか何とか、、、。
とりあえずガラケーのワンセグがあるから見ようと思えば見れるんですけど、、、。

にしても、中国の列車衝突事故で衝突車両を粉々にして穴掘って埋めるって、、、にわかには信じ難い。
本当に意味がわからなくて「えっ?、えっ?」と思ったのは私だけではないと思う。

Apple マジック・トラックパッドを買う

ここにきて急にマジック・トラックパッドが欲しくなったので、購入してしまいました。
正直MacBookAirで使っているとエリアが狭いせいかあまり使いやすいとは思わなかったけど、こっちは見ての通りかなりの面積があって非常に使いやすいです。

懸念していたテキストの選択や、表計算ソフトのセルのサイズ調整などの操作も全く問題なくできて、拍子抜けでした。MacBookAirでやり辛いと感じたのはやっぱり狭いからなのか?

まだグラフィック系のソフトは試してないので何とも言えませんが、想像以上に快適で(過度な期待はしていなかったからか)1〜2時間ほど使用して、マウス(マジック・マウス)は電源をオフってしまいました(そっちは職場で使おうかな、、、)。

以前マウスからトラックボールに変更しようとして2ヶ月くらい試したけど、どうしても馴染めなかったのに、こっちは良いかも知れない、、、。
ていうか個人的にはマジック・マウスより良いです。


IMG_0478




Macのランチャー Alfredが素晴らしい


昔からランチャーの類って全然使わなかったのですが、先日オープンしたAppStoreでAlfredなるものがかなり高評価のようだったので無料ということもありインストールしてみました。
デフォルトでは ALT + Space で呼び出してキーワードを入力するだけなのですが、これがかなり使いやすいです。

 起動
27)



 アプリの検索
03)

 フォルダも検索できます。
32)

 同じようにGoogle、Wikipedia等の検索もできます。
38)


 設定画面はこんな感じ。
11)

 一番下に 「このボタンを押すな」というボタンがあります(笑)
45)

アプリ起動するためにいちいちマウスに持ち替えなくて済むのでキーボード派にはかなり良いツールです。

MacOSX JamVox 復活

AppStore追加によるMacOSXのアップデートにより、JamVoxが治ってしまった模様です。
結局アップルの方で互換性を持たせるように再修正とかしたんでしょうか、、、。

ただ、USBハブ経由でつなげると変なノイズが混ざるのは私の環境だけでしょうか?
iMacに直接つなげば全く問題はないんですけど、、、。

まあ、どっちにしてもヨカッタヨカッタ、、、。

コメントで教えてくれたQuadraさん、ありがとうございました。


Insert mode

iPhoneからも印刷できるプリンタPhotosmartB110購入しました

プリンタが壊れて1年近くたったのですが、Amazonで検索したらHPの無線LANプリンタが6800円くらいで売ってるので思わず購入。
12月19日に注文したのですが、やっと本日(29日)に到着。
早速セットアップしてみましたが、ドライバのインストールも自動的にMacのソフトウェアアップデートからインストールできてしまい、う〜ん、すごい(って今時は当たり前なのか?)。
無線LANのプリンタがこんな値段で買えてしまうのか。
iPhoneからも印刷できました。
登録すれば電子メールを受信して印刷することも可能です(やりませんが、、、)。



環境設定からプリンタの追加を選ぶと、
50)
プリンタが表示される。
※事前にプリンタ本体のみで無線LAN設定済み
10)

付属のCD-ROMを使うこともなさそうです。
37)
52)
10)

もう、すぐにプリンタもスキャンも使用できました。
41)

プリンタもWebベースなんですね、、、。
20)




Insert mode

JamVoxがMacで動かない件について 続報


先日、下記のようなメールが来てました。

既知の通り今回の動作不良は、先日のOSX10.6.5 のアップデートが原因であり、これにより動作不良を起こしているソフトウエアはJamVoxだけではないですよー。お客様の声を無視しているわけではなく、ちゃんと聞いてます。でも頑張ってもこの手のものは一夜にして直るものでもなく、数カ月を要するものなんです。、といった感じです。

フォーラムでは、アップルのせいにすんな! とか、事前にOSのアップデートの変更点とか知らなかったの? みたいなツッコミもあるようですが。

わたしは、気長に待つことにします。

ちなみにWindows7で動かそうと思ったらドライバ認識しなかった、、、。なんでだ??




=============================================================================

Dear JamVOX user,




We hope you are enjoying your JamVOX.


==========================================================

Important notice regarding the compatibility with Mac OS X 10.6.5

==========================================================

Recently Apple released a version of the Mac OS X (10.6.5) which inadvertently wiped out functionality on quite a few audio products from a number of companies. Unfortunately, JamVOX was one of the products affected by the new OS.


Unfortunately, the change wiped out a central part of the JamVOX software and far from being a simple tweak, it means rewriting an entire section of code which will not be done quickly. Some companies were lucky - their code was written so the recent changes made by Apple made no difference. Some companies (including us) were not - our code was written so it was more or less exactly "terminated" by changes Apple made. We have asked for them to change back, and because of the number of complaining companies, we believe Apple may consider this.


But to answer 3 specific charges:


1. If it were easy, of course we would do it now!

2. No we had no notice. One day our systems worked, the next day they were dead.

3. Of course we listen to our customers - and be sure many customers have applied pressure on personal friends and others inside the company assuming we were holding out on an answer! Also, for the Mac guys amongst us, we have daily reminders of this issue.


But code, especially centrally important code, is not written overnight and we are currently working frantically on this because we know we cannot rely on Apple to adjust to what is needed and so the code change must come from us anyway. Our current estimation is that it will probably take many weeks to fix, possibly two to three months.


We apologise. We can claim we had no warning, we are not the only ones affected etc, but we are truly sorry because our company takes customer service much more seriously than we are given credit for. More important, we are a quality culture. We expect things to work not because it means keeping people happy but because - hey, things SHOULD work. Meanwhile company staff who record with JamVOX on a daily basis are reminding us daily to fix this. We get it, okay?


We will advise you of any updates as they come to hand. Until then, we can only suggest not to install Mac OS X 10.6.5 update.


The VOX Team


==========================================================

How to revert to Mac OS X 10.6.4

==========================================================

If you have already updated to 10.6.5, you will need to revert to 10.6.4. Please visit the following FAQ.

http://www.jamvox-online.com/support/faq/detail.aspx?id=1070

Note: This FAQ is not effective for recent new Mac products in which 10.6.5 is pre-installed.


**********************************************************************

Please do not reply to this e-mail address. This is not an active reply desk. We cannot accept incoming e-mail. All queries should be directed to your local distributor:

http://www.voxamps.com/contact/

**********************************************************************


Sincerely yours,

JamVOX-Online

バイオハザード4, ソルトをiTunesでレンタル

iPhoneでみるならSD画質で十分ですが、iMacで見るとHD版との差が顕著。
バイオハザードの方をHDで借りれば良かった、、。
にしても、コンテンツも増える一方だし、本当に良い時代になったものです。

問題は何故アップル以外は出来なかったのかなぁ。 
誰も見ないようなマイナー作品とか古いアニメとかが見れるのはあったけど、レンタルビデオ屋に行かなくてもいいや、と思うには程遠いものばかり。でもiTunesStoreなら本気でそう思えてくる。

無線LANルータ AirMacExtremeの転送速度を調べてみた

CUIで簡単にネットワークのパフォーマンスを調査できるツールってないのかなーと思い、探してみたら
iperf
なるものが有名ということが分かり早速導入。

iperf download

portとかyumとかのパッケージ管理ツールで入れてもいいけど、とりあえずソース落としてコンパイルして入れてみる。

マシン間の速度を調査するので、2台のマシンにインストールする必要があるので、
とりあえず、iMacとMacBookAirとLinux(遷都くん)にインストールしてみる。
で、早速起動。

iperf -s 
で待ち受け側を起動。

クライアントは
iper -c 待受状態のマシンのアドレス
で起動。

とりあえずMacBookAir(無線)からLinux(有線)にテストしてみる。
結果はこんな感じ。

[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec   113 MBytes  94.2 Mbits/sec

iMacからやってみると
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec  69.4 MBytes  58.2 Mbits/sec

無線同士(iMac -> MacBookAir)でやると、
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec  68.0 MBytes  57.0 Mbits/sec

一応逆(MacBookAir -> iMac)でやると、
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  4]  0.0-10.0 sec  57.3 MBytes  48.0 Mbits/sec

う〜ん、やっぱり無線同士だと一気に落ちますね〜。
あと、iMac(2009年後半モデル)とMacBookAir11inch(2010後半)では、明らかにAirの方が性能がいいようです、、、。






Insert mode

無線LANルータ AirMac導入しました

それまで使っていたバッファローの無線LANルータはMacBookAirとは何故か相性が悪く、全く速度が出なかったので、Apple製の無線LANルータなら問題ないでしょう、ということで1月ほど前に購入したのですが、昨晩やっとセットアップできました。
時間かかるかなーとか思ったら、10分もかからず、拍子抜けでした。
Amazonのレビューなんかでは遅いとか書かれていたので不安だったのですが、全くそんなことはなく、快適そのものです(マックだけだからか?)。でもさっきWindowsつなげたら普通に速かった、、、。

にしても、何でこの会社の製品は皆見た目が良いのでしょう、、、、。
以前の花柄マックは別ですが、、、。

IMG_0411

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ