Seasar2を覚える必要がでてきたので、学習用に自宅のMacで開発環境を構築してました。


1. とりあえずEclispe
http://www.eclipse.org/downloads/
ここからEclipse IDE for Java EE Developers をダウンロード。 
とりあえず、解凍してフォルダをアプリケーションフォルダに移動しました。

2. Seasar2で必要な、あると便利なEclipseプラグインインストール
Eclipseの「Help → Install New Software」で
  • http://eclipse.seasar.org/updates/3.2/
  • http://eclipse.seasar.org/updates/3.3/
をAdd。

38)

http://eclipse.seasar.org/updates/3.2/
の方からは
  • DbLauncher

http://eclipse.seasar.org/updates/3.2/
の方からは
  • Dolteng
  • Kijimura
  • SAStrutsPlugin
  • ResurceSynchronizer
をインストール。

3. Tomcatをインストール
Eclispeの「Window → ShowView → Other → Server」でServerウィンドウを表示。
Serverウィンドウ内を右クリックするとNewでServerリストを表示。
ApacheTomcatを(とりあえずバージョン6)を選択。
なんかこの中でダウンロード出来るらしいのですが、Download and Install..ボタンがDisabledになっている、、、。
15)

仕方ないので、
http://tomcat.apache.org/download-60.cgi
から ファイルを落として、適当なディレクトリに解凍して、その場所を
上記画面のTomcat installation directory に設定してFinish。

とりあえず、これからHello Seasar2作ってみます。


Seasar2についてはまだ調べ始めたばかりで、DIとかAspectとか「流れるようなAPI」(ピンと来ない)という言葉がよく目に付きます。
正直Railsで十分なような気がしますが、憶えてくれば魅力に思えてくるのでしょうか。
Terminalとテキストエディタだけで本当に開発ができてしまうRailsに比べると、Eclipse前提なのはどうしてもね、、。Eclispeがよければ全然いいんだけど。
IDEでもMonoDevelopはシンプルで好きなんですけど。

参考にした(これからもする)書籍